クレジットカードの多重債務

カードが氾濫している今の社会では、買物にクレジットカードを使う人が急増しています。クレジットカードはカードローンよりも簡単に作れて、買物には便利ですから何枚ものクレジットカードを持っている人はたくさん居ます。

クレジットカードは元来ショッピングが目的ですが、多くのクレジットカードにはキャッシング機能がついています。このキャッシング機能がクレジットカードの多重債務に深く関わっています。

クレジットカードのキャッシング枠を利用すると、カードローンを使うのと同じことになります。そうなるとクレジットカードのショッピング枠を使うよりも、キャッシング枠を使う人がでてきます。

クレジットカードのキャッシング限度額は大きくても50万円、少ないと20万円などですが、それでも何枚もあると、その総額が増えてしまい、多重債務になってしまいます。

ショッピング枠の返済とキャッシング枠の返済ができなくなる人が増えているようで、さらにショッピング枠を利用する現金化も増えていて、クレジットカードの多重債務も大きな社会問題になっています。





|