多重債務問題

複数の消費者金融会社などから借金をして、その返済ができなくなる人が増えたため、平成22年6月に貸金業法が改正され、これを緩和しようという狙いがありました。

別名クレサラ問題とも言われますが、これはクレジットカードとサラ金(消費者金融や信販会社)からの借入が度重なり、借金を返済するために借金を重ねることになっていきその額が膨らんでいってしまうことになります。

貸金業法改正の目玉である総量規制で減少したかに見えましたが、それでも現実には深刻な社会問題になっています。

その理由は、総量規制で消費者が借りられるお金の額は年収の3分の1までとなり、金利も10万円までは20%ですが10万円~100万円は18%、それ以上は15%となったにもかかわらず、年収自体が少ないと、いくら金利が低くなったからと言っても借りることはできても返済ができなくなるからです。

さらに法律が改正されても、相変わらず違法と知りながら高い金利でお金を貸すところから借金をする人が居ることも、原因の一つになっています。
|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|