多重債務整理

多重債務とは、複数の消費者金融業者からお金を借りている状態のことです。借りる先が増えてきて額も増えるとやがて返済が苦しくなっていき、事態が深刻になっていきます。

借金が重なっている人が借金を返済をしようとすると別の借金をすることになり、さらに債務が増えてしまいます。これはそういつまでも続けることができることではなく、結局いつかはそれらを整理・清算をしなければならなくなります。

整理の方法には任意整理、特定調停、個人民事再生、自己破産の4つの方法があります。任意整理とは、利息の引き直し計算をして返済を続けていく方法で、この際には過払い金が判明することもあります。特定調停とは簡易裁判所での任意整理で、利率を現行の利率で弾き直して3年程度で返済をします。

個人民事再生は住宅ローン以外の債務が5000万円以下で、安定収入が見込める場合に利息の引き直しをおこない3年で分割返済をします。以上の方法でも返済の見通しが立たない場合に、財産を処分して借金をチャラにする方法ですが、自己破産をするとさまざまな制約が課せられます。


|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|