たたかう多重債務


多重債務者に関することを書いた本に、「たたかう多重債務 事件処理の手引き」があります。

著者/編集は全国クレジット・サラ金問題対策協議会で、176ページにわたり、多重債務関連の記述があります。

この本の内容はここでは述べませんが、多重債務に関するマニュアルです。目次を引用しますから、興味のある人はぜひ読んでみてください。

第1章 過払金請求訴訟の論点(充当問題の総括/悪意の推定を勝ち抜く/過払金の置き捨てを許さない/破綻貸金業者の追及)/

第2章 クレジット・消費者事件処理の新たな視点(クレジット決済代行業者の問題点/情報技術利活用による消費者被害救済ークラウド、ソーシャルネットワークの可能性)/

第3章 多重債務と依存症問題(ギャンブル依存症(病的賭博)とは何か?-多重債務との関係について/ギャンブルを原因とする多重債務ー個別的支援の事例報告/世界から見た日本のパチンコ産業ー被害者の会相談員の立場から/依存症問題対策全国会議の取り組み)。


なお、同じような本に、「多重債務者支援の最先端 多重債務者の総合的ケアと法的支援」があります。





|